恋淫

[邪な愛撫 後編](1/10)
複数×公園×視姦
結局、絢香が連れてこられたのは公園だった。

うずく秘部は、すでに洪水の様に溢れ、犯人の腕に掴まりながらでないと、歩けなくなっていた。


「…は、ぁあ」

「ついたよ、絢香ちゃん」


犯人は、意外と若かった。絢香は四十代くらいを想像していたのだが、だいたい二十代前半くらい。

短い黒髪は、犯人が良い会社に務めていることをあらわしているようだ。


「絢香ちゃん、周り見てみなよ」


犯人は、前を向いたままで絢香にそう言った。

言われてキョロキョロしてみれば、そこには驚くべき光景。



ディープなキスをしている人。
彼女の太ももに手を這わせている人。

ベンチに座っているみんなが、そんなことばかりしていた。



(閲覧:674470)
- 70 -


/215 n

しおり

⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ook


[←戻る]