要するに死亡率99%の短篇作品集です。



 午後八時四十分。

 長い黒髪を垂らす、華奢な女が背後にいた。一見すれば美人だが、どこか寒々とした恐怖を感じさせる女だった。
 女は随分前から俺に付き纏っているストーカーで、ポストに入っていたこの手紙はその女が入れたものらしい。証拠として御丁寧に“貴方の後ろより”と書かれている。

私は甲斐性のある女ですから、愛しい貴方の好色に何度も目を瞑ってきました。

私が瞑目しているのをいいことに、昨日もあの女を招き入れていましたね。好色は、魅力的な貴方だから仕方ない不可抗力なのかしら?

貴方をたぶらかす、害虫に等しい女は駆除しなければなりません。けれど──


「お腹の子どもに罪はないわよね?」

 手紙を読む速度に合わせたように、冷めた声が鼓膜を震わせた。
 俺には妊娠二ヶ月の恋人がいて、悪阻が治まるであろう来月に結婚式を挙げることになっている。大切な恋人にまで危害を加えようとする女に腹が立ち、俺は睨みを利かせて振り返った。

「お前、いい加減に──」
「…………」

 真紅を湾曲させて笑う女。
 言い様のない寒気が背筋に走り、俺は思わず言葉を詰まらせた。

「思ったの。私がいて、あんな女を孕ませる貴方がいけないんだって」

 一瞬の圧迫と体内に異物が入ってくる激痛。
 患部に手を添えると、生温い血が手を汚した。

「貴方を愛してる。浮気は許せないけど、貴方を手放したくはないの」
「……勝手に言ってろ、クソ女」

 携帯電話は何とか取り出せたけれど、手がぬるついている所為でダイヤルがうまく押せない。たった三つの数字すら押せなくて、もどかしさに腹が立ってくる。
 微笑を浮かべる女は、意識が混濁している俺を押し倒すと、躊躇いもなく包丁を抜いた。言葉にならない痛みと吹き出す血が闇に飲まれていく。

「ずっと一緒にいましょうね」

 まさか、と思った時にはもう女は自分の腹部に包丁を突き刺していた。その勢いの所為か、患部からごぽっと暗赤色の液体が吐き出される。

 俺が意識を手放す寸前、「これって腹上死かしら?」と女が笑った。


背後で微笑 真紅のROUGE
勝手な嫉妬 深紅のBLOOD


FIN.


BOOKMARKBACKNEXT


⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ook
TOP